ブックステーション 店舗

本の買取ならブックステーション

ブックステーションは全国から中古の書籍を宅配を通じて買い取っている業者です。

 

 

もちろん、宅配にかかる送料代金は業者が負担してくれます。

 

 

「送料代金も回収しないといけないから、近くの古本屋で売るよりも安くなる」と考える人がいるはずですが、実際は逆で、買い取り価格は古本屋よりも高い傾向にあります。

 

 

なぜ送料代金を負担しているのに高く買い取れるのかというと、ブックステーションは店舗を構えていないからです。

 

 

一般的な古本屋は買い取りだけでなく販売もしているため、ある程度人通りのある場所に店舗を構えなければなりません。

 

 

ただでさえ店舗では諸経費がかかるのに、地価の高い場所では税金などもかかってくるので、それが買い取り価格に反映されてしまうのです。

 

 

しかし、ブックステーションは店舗を必要とせず、必要なのは倉庫であるため場所も選びません。

 

 

ちなみに奈良県桜井市の郊外にあります。

 

 

当然、倉庫の賃貸料を安くできるため、その分高く古本を買い取ることができるわけです。

 

 

さらに利用者にとっては高く買い取ってもらえるだけがメリットではありません。

 

 

宅配は基本的に佐川急便を利用することになりますが、自宅まで取りに来てくれます。

 

 

本1冊は軽いですが、それが数十冊にも及んでくると運ぶだけでも重労働ですし、多くの古本屋は自分で持っていく必要があるので、それだけで買い取りを諦めてしまう人も少なくありません。

 

 

特に自動車を持ってない人は大変な作業になります。

 

自宅にいながら不要になった本やCD,ゲームソフトを売ることが出来ます!

一方、ブックステーションはそのような重労働をする必要がないのです。

 

 

そして、宅配して入金するまでの手続きも簡単です。

 

 

まずネットから、本人の身分確認と共に買い取り依頼をします。

 

 

基本的にそのとき段ボールやガムテープが必要なら、それを伝えたら資料と一緒に無料で自宅に届きます。

 

 

そのとき、佐川急便から届きますが、古物商法の関係からドライバーに身分証明をする必要があります。

 

 

その身分証は運転免許証や健康保険証などで十分です。

 

 

そして、段ボールに売りたい書籍と一緒に、資料に必要事項を記入したものも梱包して、あとは佐川急便に着払いで集荷依頼をしてもらえば、自宅まで取りに来てくれます。

 

 

あとは査定が済み次第指定された口座に入金されるのを待つだけです。

 

 

身分証明をする必要があるもののほとんど手間はかかりません。

 

 

「古本屋まで持っていくのが大変」「少しでも高く買い取ってほしい」と思っている人に最適なブックステーションです。

 

>>ブックステーション公式サイトはこちら<<