ブックステーション 口コミ2

ブックステーション 口コミ

 

ブックステーションを初めて利用したのは去年のこと、私が無謀にも「せどり」に挑戦していた時でした。

 

 

せどりとは古本や中古のゲームソフトやCDなどを安く買って転売し、利益を得るネットビジネスです。

 

 

最も簡単かつ確実な成果を出せるとあって、当時の私は少しでも稼ごうと必死でした。

 

 

それは私の体が働いていた職場で壊れてしまい、普通の仕事に合わせることが難しくなったためです。

 

 

そのため私は在宅ワークを中心にお金を稼ぐことに決め、そのひとつの手段としてせどりを独学で学んでいました。

 

 

最初こそは散財ともいえるやりくりをしていましたが、コツをつかめば望む金額を入手する機会が少しずつ増えていったことをよく覚えています。

 

 

そんな頃にブックステーションを利用したのです。

 

 

もちろん利用目的は安く仕入れた数多くの中古品を売って、買い取り額を得るためでした。

 

 

当時の私はブックステーションに惹きつけられた理由は3つあります。1つは送料無料であること、もう1つは段ボールを送付してくれること、そして最後の1つが当時行なわれていたキャンペーンです。

 

 

この3つのポイントはお金を少しでも得たい私にとって、とても魅力的でした。

 

 

送料無料であることは負担が減ることを意味していますが、実のところ、段ボールの送付も負担が減ることなので嬉しいことでありました。

 

 

せどりを行うようになって分かったことでしたが、段ボールという身近なアイテムは関わってみると厄介な存在です。

 

 

ホームセンターに行けば必ずあるものの、大きさによって値段は異なり、持ち運びが面倒であるアイテムだとはせどりを行うまでは考えもしませんでした。少しでも出費を抑えたい私にとって、ブックステーションのサービスは地獄に仏だったのです。

 

 

それから運が良いことにキャンペーンのおかげで中古品の買い取り額が上がっていたこともあり、私はすぐに申し込んだのです。

 

 

その結果は良くもなく、悪くもないものでした。

 

 

値段は満足できるものではありませんでしたが、金額がつかない中古品も引き取ってくれた以上、特に不満はありませんでした。

 

 

せどりをしていると値段もつけられない商品を送り返されるケースもあるので、それを思い返すと「不用品も処分するには丁度良い」と心のどこかで値段に落胆する自分を慰める材料としました。

 

 

これは去年の事ですが、今の私はせどりをしていません。

 

 

ブックステーションを利用した時期から上手くいかず、手を引くことにしたのです。

 

 

今となっては中古品とネットの買い取り業者のサイトと睨めっこしていたことが懐かしいです。

 

>>ブックステーション公式サイトはこちら<<